目頭切開の特徴

カウンセリング

目の横幅を広げる美容整形

「目から鱗が落ちる」など日本では目にまつわることわざが多いですが、それだけ日本人は顔の中でも「目」というパーツに注目している民族です。目元にコンプレックスを感じているという方は、より美しくなりたいという方が多く銀座の美容整形外科クリニックで、目元の美容整形を受けているのはそのためと考えられます。美容整形外科クリニックで行われている目元の美容整形はいくつかありますが、銀座では「目頭切開」という美容整形が人気です。目頭切開は文字通り目頭部分をメスで切開し、目の横幅を広げるという効果があり目元の印象を大きく変えることができます。目と目の間の比率は「1:1:1」が理想的な美しいバランスと言われており、目頭切開でこのバランスに目元を近づけることで、美人の条件をクリアできるのです。目の横幅が広がるため目自体が大きく見える、切れ長の目になるといった他に黒目が大きく見えるという効果も期待できます。また目と目の間が離れていて間延びした顔立ちという方も、目頭切開によって引き締まった印象になれるのも効果の特徴です。平行二重に憧れて二重形成術を受ける人も少なくありませんが、目頭切開も組み合わせることで、キレイな平行二重を作りやすいと言われています。

目頭切開は目元の美容整形としてポピュラーな手術で、銀座の美容整形外科クリニックでも多く行われています。目だけでなく顔全体の印象が華やかになる目頭切開は、人気の高い美容整形ですが施術を受ける美容整形外科クリニックは、慎重に選ばなければいけません。美容整形を受けたからといって必ず理想の容姿に近づけるという訳ではなく、施術を行う美容外科医の技術やセンスによって仕上がりは変わってしまいます。目はほんの数ミリ形が変わっただけでも、かなり印象が違って見えるパーツということもあり、美容外科医と綿密にデザインを決めることが重要です。カウンセリングに時間をかけて患者の希望を聞いてくれ、なおかつ1人1人異なる顔立ちに合わせて、適切な目の幅に整えてくれるクリニックを選ぶのがおすすめです。自分ではより目の幅を広げたいと考えていても幅を広げすぎたことで、目と目の距離が近くなり過ぎてしまい顔全体のバランスが崩れてしまうケースもあります。患者の希望は聞きつつも顔立ちに合わせ、より美しいバランスの目元になるよう施術を提案してくれる美容外科医であれば、失敗のリスクは軽減できます。美容外科クリニックの数が多い銀座エリアには、カウンセリングに力を入れているクリニックが多いので、繊細な技術とセンスが必要となる目頭切開も安心して施術を受けられるでしょう。